<注目銘柄>=三井化学、強気の長期計画を評価へ

2021年06月08日 10時00分

 三井化学<4183.T>は5月下旬に形成した3400円どころをターニングポイントに切り返し、6月に入ってから大勢2段上げの様相をみせている。目先5日移動平均線とのカイ離調整を経て再浮上する公算は大きく、目先の押し目は買い下がってみたい。

 総合化学メーカーで、フェノールでは業界トップシェアを誇る。電子材料では半導体用フィルムなどに展開し、半導体市場拡大の恩恵を享受している。2030年度までの長期経営計画を開示しているが、最終年度となる30年度にコア営業利益2500億円と前期実績比で約3倍となる数字を目標に掲げる。時価総額8000億円前後の大型株にして高成長トレンド確保に貪欲な経営姿勢は評価される。

 時価は18年1月につけた3885円の戻り高値を上回り約14年ぶりの4000円大台乗せを果たした。実質青空圏に入ってきたことで株式需給面でも上値が軽くなり、意外高の可能性を内包する。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
空運株がワクチン普及にらみ上昇基調、ANAは新値街道目前◇
メディシノバ反発、MN-166(イブジラスト)の効果を評価する動物試験を開始
オンワードが大幅6日続伸、5月既存店売上高26%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース コラム」 のニュース一覧
<注目銘柄>=光ビジネス、今期業績が上振れ濃厚
2021年07月30日 10時00分
<注目銘柄>=山王、5G関連など需要好調で水素分野でも活躍期待
2021年07月29日 10時00分
<注目銘柄>=ディップ、求人広告とDXで中期高成長へ
2021年07月28日 10時00分
<注目銘柄>=ユーグレナ、バイオ燃料事業で脱炭素関連の有力株に
2021年07月27日 10時00分
<注目銘柄>=島津、分析・計測機器が堅調
2021年07月26日 10時00分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR