日経平均は4日ぶり大幅反発、米中株高など追い風に600円超高

2021年07月12日 15時53分

日経平均は4日ぶり大幅反発。9日の米国市場でNYダウは反発し、448ドル高となった。
長期金利の上昇とともに世界経済の減速懸念が和らぎ、主要株価指数は揃って過去最
高値を更新。東京市場では上場投資信託(ETF)の分配金捻出に絡んだ売り一巡が意識され、5月機械受注統計の予想上振れもあって、週明けの日経平均は472円高からスタートした。中国人民銀行(中央銀行)の預金準備率引き下げで上海株が堅調となり、日経平均も前引けにかけて28595.12円(前週末比654.70円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比628.60円高の28569.02円となった。東証1部の売買高は10億3577万株、売買代金は2兆3803億円だった。業種別では、機械、金属製品、電気機器が上昇率上位で、その他も全般堅調。海運業と空運業の2業種のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の92%、対して値下がり銘柄は7%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、レーザーテック<6920>、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>などの売買代金上位が全般堅調。第1四半期決算と通期予想の上方修正を発表した安川電<6506>が6%超上昇し、ファナック<6954>など他の設備投資関連株も上げが目立った。ライフコーポ<8194>やビックカメラ<3048>、吉野家HD<9861>は決算を受けて大きく上昇。また、業績上方修正の日置電<6866>が急伸し、ダントーHD<5337>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではエーザイ<4523>と郵船<9101>が逆行安。エーザイはアルツハイマー病治療薬の承認過程について、米当局が調査を要請したと報じられた。アステナHD<8095>
やナルミヤ<9275>は好決算ながら材料出尽くし感から売りがかさみ、東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は小幅反落、朝方3ケタの上昇も伸び悩み、経済再開銘柄に買い
2021年09月27日 15時54分
日経平均は3日ぶり大幅反発、609円高、祝日中の海外株高で不安和らぐ
2021年09月24日 15時58分
日経平均は続落、米中不確実性見極めたいとの思惑で手仕舞い売り優勢
2021年09月22日 16時00分
日経平均は大幅反落、660円安、中国恒大問題で海外株安波及
2021年09月21日 15時54分
日経平均は3日ぶり反発、海外株の底堅さに安心感、海運や値がさ株が堅調
2021年09月17日 15時54分
もっと見る
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン