マザーズ指数は3日ぶり反落、直近IPOベイシスが連日ストップ高

2021年07月13日 16時12分

 本日のマザーズ市場では、前場にマザーズ指数がプラス圏へ浮上する場面もあった。しかし、1180pt台に位置する25日移動平均線が上値抵抗として意識され、日経平均の伸び悩みも重なって目先の利益を確保する売りが出た。好業績や証券各社の強気の投資判断が観測された銘柄、それに直近IPO(新規株式公開)銘柄の一角には積極的な買いが入り、値を飛ばした。なお、マザーズ指数は3日ぶり反落、売買代金は概算で
1724.05億円。騰落数は、値上がり169銘柄、値下がり178銘柄、変わらず19銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のJMDC<4483>が利益確定売りに押され、メルカリ<4385>やフリー<4478>は小安い。売買代金上位では日本電解<5759>やJTOWER<4485>が売り優勢となった。また、BCC<7376>などが下落率上位に顔を出した。一方、売買代金トップのPアンチエイジ<4934>が10%の上昇で上場来高値を更新。一部証券会社の投資判断付与が買い材料視された。GMO−FG<4051>やIne<4933>も新規投資判断を手掛かりに大きく買われ、WACUL<4173>は決算が好感されて急伸した。その他、売買代金上位ではコラントッテ<7792>、ステムセル研究所<7096>、Enjin<7370>などが上昇し、6月上場のベイシス<4068>は連日でストップ高を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、IPOレナサイエンス初値46%高
2021年09月24日 16時17分
マザーズ指数は続落、ニュースに振り回され方向感の無い値動き、値上がり率..
2021年09月22日 16時49分
マザーズ指数は大幅反落、海外株安で売り先行も下値で押し目買い
2021年09月21日 16時08分
マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、前日の下落で押し目買い、Birdman..
2021年09月17日 16時22分
マザーズ指数は大幅続落、リスク回避で利益確保急ぐ、主力揃って軟調
2021年09月16日 16時09分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン