マザーズ指数は3日続落、直近IPO関連にも売りが目立つ

2021年07月19日 16時18分

 本日のマザーズ指数は3営業日続落となった。日経平均と同様にマザーズ指数も下落からのスタート。寄り付き後も冴えない推移が続く中、1131.69ptまで下げる場面も見られた。ただし、その後は下げ渋り、後場はこう着感が強まる展開に。先週は物色が活発だった直近IPO関連にも売りが目立ち、方向感に欠ける相場だった。なお、マザーズ指数は3営業日続落、売買代金は概算で1563.72億円。騰落数は、値上がり57銘柄、値下がり305銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、7%安となった直近IPO銘柄のベイシス<4068>がマザーズ売買代金トップにランクイン。ラキール<4074>やステムセル研究所<7096>などは上昇したものの、BCC
<7376>、オムニ・プラス・システム・リミテッド<7699>、日本電解<5759>、Enjin<7370>、アイドマ・ホールディングス<7373>、コラントッテ<7792>など直近IPO銘柄には全体として売り優勢の銘柄が多かった。また、食道がんに対するがん特異的ペプチドワクチン「S-588410」の第3相臨床試験について発表。その結果、主要評価項目に統計的な有意差は認めらず失望売りが膨らんだオンコセラピー・サイエンス<4564>も急落。
その他、Pアンチエイジ<4934>、メルカリ<4385>、オキサイド<6521>、アンジェス<4563>、NexTone<7094>、ビザスク<4490>などが売られた。一方、22年5月期見通しを好感した買いが引き続き向かったきずなホールディングス<7086>が11%高となった他、BASE<4477>、関通<9326>、TKP<3479>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、前日の下落で押し目買い、Birdman..
2021年09月17日 16時22分
マザーズ指数は大幅続落、リスク回避で利益確保急ぐ、主力揃って軟調
2021年09月16日 16時09分
マザーズ指数は反落、メルカリが値を消しマイ転へ、値上がり率トップはBi..
2021年09月15日 16時50分
マザーズ指数は3日続伸、下値で押し目買い、ビジョナル急伸
2021年09月14日 16時06分
マザーズ指数は続伸、主力処ではやや弱い銘柄も目立ったがメルカリが支えに
2021年09月13日 16時17分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR