マザーズ指数は上昇、ECやクラウドの一角が高い、値上がり率トップはリファインバスG

2021年07月21日 17時03分

 本日のマザーズ指数は、米国市場やマザーズ先物のナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、反発でスタートした。寄り付き後は、時価総額上位のメルカリ<4385>
やJMDC<4483>、フリー<4478>が上昇して相場を下支えし、マザーズ指数は20.72pt高まで上げ幅を拡大する場面があった。しかし、BASE<4477>や弁護士ドットコム<6027>など時価総額上位の銘柄が軟調に推移して相場の重しとなり、マザーズ指数は上げ幅を縮小して取引を終了した。日足チャートでは、一時は5日線を抜ける場面があったものの、上値が重く伸び悩みとなった。
 マザーズ指数は上昇、売買代金は概算で1380.23億円。騰落数は、値上がり202銘柄、値下がり141銘柄、変わらず26銘柄となった。
 個別では、三菱ケミHD<4188>に原料を供給する基本合意を締結と発表したリファインバースグループ<7375>がストップ高となった。また、クラウド部門が好調に推移した米IBMの決算発表を受けクラウド関連銘柄物色の流れからフリーが2%を超える上昇となった。そのほか、さくらさくプラス<7097>、ケアネット<2150>、i−plug
<4177>は高い。一方、直近IPO銘柄が下落する流れを受けてラキール<4074>が14%
を超える下落となった。また、直近急騰した高値警戒感から利食い売りに押されたツクルバ<2978>が3%を超える続落となった。そのほか、アイパートナーズ<7345>、LeTech<3497>、gbHD<6557>が安い。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は3日ぶり大幅反発、前日の下落で押し目買い、Birdman..
2021年09月17日 16時22分
マザーズ指数は大幅続落、リスク回避で利益確保急ぐ、主力揃って軟調
2021年09月16日 16時09分
マザーズ指数は反落、メルカリが値を消しマイ転へ、値上がり率トップはBi..
2021年09月15日 16時50分
マザーズ指数は3日続伸、下値で押し目買い、ビジョナル急伸
2021年09月14日 16時06分
マザーズ指数は続伸、主力処ではやや弱い銘柄も目立ったがメルカリが支えに
2021年09月13日 16時17分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン
PR