スクリーンHD---いったんはリバウンドを試す水準か

2021年07月29日 08時33分

11000円水準が上値抵抗として意識されるなか、足元での調整で直近安値水準まで下げてきている。25日、75日線とのデッドクロス示現でシグナルは悪化。一目均衡表では雲を割り込み、下降する転換線に上値を抑えられている。遅行スパンは実線を割り込み、下方シグナルを継続。ただし、もち合いレンジの下限到達により、いったんはリバウンドを試す水準か。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「個別銘柄テクニカルショット」 のニュース一覧
トヨタ自---上場来高値を更新でターゲット拡大
2021年09月28日 08時52分
ヤクルト---いったんは調整一巡感が意識されやすい
2021年09月28日 08時51分
ファーストリテ---26週線が目先のターゲットに
2021年09月27日 13時26分
キャリアDC---25日線からのリバウンドへ
2021年09月27日 08時38分
ウエストHD---過熱感後退し25日線からのリバウンドに期待
2021年09月27日 08時38分
もっと見る
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン