日経平均は大幅に3日続落、一時550円安、国内外に懸念広がる

2021年08月16日 15時57分

日経平均は大幅に3日続落。13日の米国市場でNYダウは15ドル高と小幅に4日続伸し、連日で過去最高値を更新した。ただ、8月のミシガン大学消費者態度指数が大きく低下し、長期金利は再び1.3%割れ。日本国内でも新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、アフガニスタン情勢を巡る地政学リスクの高まりなども嫌気され、週明けの日経平均は171円安からスタートした。中国の経済指標が市場予想を下回ると下げ幅を一段と広げ、後場の寄り付き直後には27427.38円(前週末比549.77円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比453.96円安の27523.19円となった。東証1部の売買高は10億3655万株、売買代金は2兆3230億円だった。業種別では、パルプ・紙、倉庫・運輸関連業、サービス業が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは海運業と空運業の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の89%、対して値上がり銘柄は9%
となった。

個別では、日経平均への寄与が大きいファーストリテ<9983>とファナック<6954>が3%
近く下落し、前週末に決算を受けて急伸したリクルートHD<6098>は一転4%超の下落。ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、ソニーG<6758>も軟調だった。決算発表銘柄では日通<9062>などが急落。また、エフオン<9514>は一部報道を受けて売りがかさみ、否定コメントを出すもストップ安を付けた。一方、郵船<9101>が3%超上昇して再び年初来高値を更新。東エレク<8035>やJFE<5411>も堅調だった。決算発表銘柄では富士フイルム<4901>が6%超上昇し、シチズン<7762>なども急伸。中小型株では前週末ストップ高のスノーピーク<7816>が賑わった。また、Dスタンダード<3925>は買い気配のままストップ高比例配分となった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は反発、ワクチン報道などきっかけに後場プラス転換
2021年12月03日 16時03分
日経平均は反落、変異株や米金融政策を巡る不透明感から失速
2021年12月02日 16時00分
日経平均は4日ぶりに反発、変異株やテーパリング加速懸念も押し目買いで下..
2021年12月01日 16時01分
日経平均は大幅に3日続落、変異株へのワクチン有効性疑義きっかけに急展開
2021年11月30日 16時01分
日経平均は大幅続落、外国人入国措置禁止など受け、前場から一転し後場リス..
2021年11月29日 16時01分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン