ホットリンク Research Memo(4):2021年12月期第2四半期累計で売上高過去最高を更新(1)

2021年09月13日 16時04分

■業績動向

1. 2021年12月期第2四半期累計の業績の概要
ホットリンク<3680>の2021年12月期第2四半期累計の連結業績は売上高で前年同期比38.9%増の2,635百万円と過去最高を更新し、営業利益で77百万円(前年同期は121百万円の損失)、税引前利益で217百万円(同155百万円の損失)、四半期利益で160百万円(同144百万円の損失)と、利益面でも利益創出の状態となった。

販売費及び一般管理費は854百万円(前年同期比5.3%増)となった。増加の主な要因は、業容拡大に伴って人件費が増加したことである。ただ、業務委託費の減少や出張の自粛に伴う旅費交通費の減少を背景に、販管費率は前年同期の42.7%から32.4%へと大幅に低下した。先行投資を除いた平準なコストは削減傾向にあり、収益性は明確に向上していると弊社は考える。

四半期ベースで見ても、売上高の増加以上に損益面での改善は著しい。2018年12月期第3四半期から2020年12月期第2四半期までは先行投資偏重ということで営業損益は損失計上が続いたものの、2020年12月期第3四半期からは継続して利益を計上している。

2. 事業別の動向
(1) SNSマーケティング支援事業
SNSマーケティング支援事業の売上高は前年同期比54.0%増の898百万円となった。このうち、SNS広告・SNS運用コンサルティングの売上高は同76.8%増の641百万円と急拡大した。新しい生活様式のなかでSNSマーケティングの重要性が高まったほか、支援先顧客の売上が増加するといった成功事例が積み上がりマーケティング専門メディアに掲載されるなど、サービスに関する顧客評価も広まったことで案件増加につながった。また、営業人員を拡充させるなどしてセールス能力も増強した。2020年12月期に導入したAI搭載自社ツールの導入によって自動化・省力化が進み、生産性も高まった。SNS分析ツールの売上高は前年同期比16.4%増の256百万円となった。

2020年12月期第1四半期に開始したInstagramを活用したマーケティング支援も案件が順調に増加した。同サービスは以下3つに分かれている。

1) Instagram活用コンサルティング
独自のInstagram活用カリキュラムによるノウハウ提供のほか、マーケティング戦略に連動した売上アップにつながるInstagram活用戦略の策定支援、施策方針を提案する。UGCが自然に生まれるサイクル構築を支援する。
2) Instagram広告運用代行
即効性のあるInstagram広告によって良質なフォロワーを獲得し、強固な拡散基盤を構築する。また、UGC創出やプロモーションのための広告配信も支援する。写真広告、動画広告、カルーセル広告、ストーリーズ広告、発見タブ広告、ブランドコンテンツ広告など、様々な広告の種類の提供が可能となっている。
3) Instagram運用代行
アカウント運用のリソースがない企業向けに専門チームが運用を代行する。

そのほか、Instagramについてはデータ分析サービスも提供開始した。Instagramはアプリのインサイト機能にてデータの取得が可能である。一方、インサイトで確認できない様々なデータはInstagramが提供する公式APIより取得が可能なものの、SNS担当者にとっては技術的難易度が高く、容易に取得できない課題があった。この課題解決を目的に同社のデータ分析専門家による分析サービスを提供することで、Instagram運用に役立つデータの把握が可能となる。ハッシュタグ投稿数の推移や各指標の相関関係などを把握することでInstagramのアクセスを伸ばすヒントを得やすくなり、購買につながるクチコミを増やしていくうえでの示唆を得やすくなる。顧客企業としては自社で専門人員を雇うよりもノウハウ・実績の豊富な同社に発注する方が費用対効果が高くなるため、今後も受注は拡大することが予想される。

SNSマーケティング支援事業全体としては大手との実績も増えており、直近では以下のような実績を持つ。
・オリオンビール(株)
Twitterを活用し、EC売上約50倍の成長に貢献。
・ジョンソンヴィル・ジャパン(合)
TwitterとInstagramを活用して口コミ数を9倍にし、口コミ数に比例し売上の増加に貢献。
・(株)シャトレーゼ
Twitterを活用し、Twitterフォロワー35万人超を獲得し、店舗売上の増加に貢献。
・ミルボン<4919>
TwitterとInstagramを活用し口コミ数を6倍に。インスタライブ配信を支援し、45万視聴の反響。
・トリドールホールディングス<3397>(丸亀製麺)
Twitterを活用し、集客支援。再売り出しメニューの初速販売数1.9倍に貢献。
・ジンズホールディングス<3046>
Twitterを活用し、口コミ数約4倍及び指名検索数1.7倍と、ブランド力向上に貢献。

そのほか、乳製品、自動車メーカーなど多数の実績がある。
このような大手との取引実績の積み上がりを通じて同社の業界内での信用度はさらに高まり、今後さらなる受注拡大に寄与すると弊社は予想する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 石津大希)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
出来高変化率ランキング(14時台)~ワンキャリア、メドレックスなどがラ..
2021年12月03日 14時46分
F&LC---急落、11月既存店は4カ月連続でのマイナス成長に
2021年12月03日 14時43分
出来高変化率ランキング(13時台)~ダイビル、メドレックスなどがランク..
2021年12月03日 14時33分
トレックスセミ---急落、短期好業績織り込んだとして国内証券が格下げ
2021年12月03日 14時25分
アーバネットコーポレーション---オリックス銀行、メイクスとZEH仕様..
2021年12月03日 14時21分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • PiroPiroの兄貴さんがイチネンHDの銘柄についてコメントしました。
    (9分前)
  • yoshiiさんがイチネンHDの銘柄についてコメントしました。
    空売りです (約1時間前)
  • yoshiiさんがイチネンHDの銘柄についてコメントしました。
    売ります。利確です (約1時間前)
  • yoshiiさんが東京精の銘柄についてコメントしました。
    売ります (約2時間前)
  • yoshiiさんが東京精の銘柄についてコメントしました。
    売ります。利確です (約2時間前)
  • もっと見る