日経平均は216円安、後場の値幅はここまで169円程度

2021年09月16日 14時46分

日経平均は216円安(14時45分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ソフトバンクG<9984>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ<9983>、アステラス薬<4503>、第一三共<4568>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、ガラス土石製品、不動産業、その他製品、証券商品先物が値下がり率上位、石油石炭製品、鉱業、倉庫運輸関連、食料品、ゴム製品が値上がり率上位となっている。

日経平均はやや方向感のない動きとなっている。日経平均の後場の値幅(高値と安値の差)はここまで169円程度。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
個人投資家・有限亭玉介:強い銘柄につけ!注目中のテーマ株【FISCOソ..
2021年10月24日 10時00分
年末に向けたドル円の行方【フィスコ・コラム】
2021年10月24日 09時00分
来週の相場で注目すべき3つのポイント:日電産やソニーG・GAFAMなど..
2021年10月23日 18時34分
新興市場見通し:米インフレ・金利上昇の逆風下で決算発表開始、IPOは1..
2021年10月23日 14時58分
国内株式市場見通し:日米決算発表本格化、年末相場の行方を占う
2021年10月23日 14時34分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン