東京株式(大引け)=176円高と3日ぶり反発、値頃感からの買いで堅調

2021年09月17日 15時39分

 17日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発。下値には値頃感からの買いが流入し堅調な値動きとなった。

 大引けの日経平均株価は前日比176円71銭高の3万500円05銭。東証1部の売買高概算は15億9933万株。売買代金概算は4兆3205億円となった。値上がり銘柄数は1423と全体の約65%、値下がり銘柄数は645、変わらずは119銘柄だった。

 前日の米株式市場では、NYダウは63ドル安と下落したが、ナスダック指数は上昇と高安まちまちだった。米長期金利の上昇でハイテク株などが軟調だった。こうした流れのなか、東京市場は買い優勢でスタート。前日までの2日間の下落で値頃感が出た銘柄の下値を拾う動きも強まり、半導体関連株や海運株などが買われた。ただ、3連休を控えていることもあり、後場に入ってからは様子見姿勢が強まり3万500円前後での一進一退状態が続いた。

 個別銘柄ではソフトバンクグループ<9984.T>やキーエンス<6861.T>が値を上げた。レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体関連株が高く、日本郵船<9101.T>や商船三井<9104.T>など海運株が買われた。ベイカレント・コンサルティング<6532.T>やエムスリー<2413.T>が上昇し、プレミアアンチエイジング<4934.T>やグローバルウェイ<3936.T>、Birdman<7063.T>といった東証マザーズ上場の小型株が商いを伴い値を上げた。

 半面、JR西日本<9021.T>やファーストリテイリング<9983.T>が安い。3000億円のユーロ円CBの発行を発表した日本製鉄<5401.T>が大幅安となり、ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>が連想売りで値を下げた。ダイキン工業<6367.T>やHOYA<7741.T>が軟調で日本電産<6594.T>や村田製作所<6981.T>、SUMCO<3436.T>が下落した。セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>や富士フイルムホールディングス<4901.T>も軟調だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に日本製鉄
11月MSCI入れ替え予想、商船三井や太陽誘電などが新規採用も◇
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は小幅に上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
【投資部門別売買動向】海外勢が3週ぶりに売り越す一方、信託銀や個人など..
2021年10月28日 20時01分
本日の【株主優待】情報 (28日 発表分)
2021年10月28日 19時51分
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (28日大引け後 発表分)
2021年10月28日 19時35分
本日の【自社株買い】銘柄 (28日大引け後 発表分)
2021年10月28日 19時20分
【↓】日経平均 大引け| 続落、景気敏感株などを中心に利益確定売りが継..
2021年10月28日 18時52分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン