東京為替:日経平均下げ幅拡大でドル買い・円売りは縮小気味

2021年09月21日 11時24分

21日午前の東京市場でドル・円は、引き続き109円50銭近辺で推移。中国発の金融不安を警戒した円買いは一巡しつつあるが、本日の中国本土市場は休場であること、日経平均の下げ幅は拡大していることから、リスク回避的な円買いがただちに縮小する可能性は低いとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円35銭から109円60銭、ユーロ・ドルは、1.1725ドルから1.1732ドル、ユーロ・円は、128円23銭から128円54銭で推移。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
来週の相場で注目すべき3つのポイント:中国7-9月期GDP、米ベージュ..
2021年10月16日 18時41分
来週の相場で注目すべき3つのポイント:中国7-9月期GDP、米ベージュ..
2021年10月16日 18時36分
新興市場見通し:足元堅調でも懸念残る、直近IPO銘柄賑わうも荒い値動き
2021年10月16日 15時10分
国内株式市場見通し:下値不安後退も上値追い機運も高まらず
2021年10月16日 14時54分
米国株式市場見通し:企業決算が本格化
2021年10月16日 14時53分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン