マネックスGなど仮想通貨関連株が安い、ビットコイン一時4万ドル近辺まで急落◇

2021年09月21日 11時00分

 マネックスグループ<8698.T>やセレス<3696.T>が大幅安。中国不動産大手の中国恒大集団の資金繰り懸念を背景に世界同時株安の様相を呈しているが、こうしたリスク回避の流れが仮想通貨(暗号資産)市場にも波及している。前週末に4万7000ドル水準で推移していたビットコイン価格は前日20日から下げが加速し、足もと一時4万ドル近辺まで急落する場面があった。これを受け、全体相場の地合い悪化も影響する形で、仮想通貨関連株に幅広く売りが出ている。リミックスポイント<3825.T>、gumi<3903.T>、GMOフィナンシャルホールディングス<7177.T>なども安い。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にバードマン
21日中国・上海総合指数=休場
21日香港・ハンセン指数=寄り付き23867.16(-231.98)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
来週の【重要イベント】貿易統計、消費者物価、米中鉱工業生産 (10月1..
2021年10月16日 11時30分
米国市場データ NYダウは382ドル高と続伸 (10月15日)
2021年10月16日 11時00分
シカゴ日経平均先物 大取終値比 65円高 (10月15日)
2021年10月16日 10時15分
週間ランキング【業種別 騰落率】 (10月15日)
2021年10月16日 08時30分
<10月15日のストップ安銘柄>
2021年10月16日 07時37分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン