グローバルW---大幅に反落、信用取引の規制措置強化を材料視、短期急騰で過熱感も

2021年09月24日 13時45分

大幅に反落。東証が24日から信用取引に関する規制措置を強化すると発表し、売り材料視されている。新規の売付及び買付に係る委託保証金率が90%以上(うち現金60%
以上)に引き上げられた。日証金も増担保金徴収措置を強化している。規制強化で売買が冷え込むとの懸念に加え、株価が短期間に急騰して22日に年初来高値(3835円)
を記録するなど過熱感が高まっていることも売りにつながっているようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「新興市場スナップショット」 のニュース一覧
京極運輸---大幅反発、22年3月期の期末配当予想を12円に増額修正
2021年10月28日 13時56分
ザイン---ストップ高買い気配、21年12月期の営業利益予想を上方修正..
2021年10月28日 13時44分
日本電計---大幅に反発、12月に1対1.5の株式分割、22年3月期の..
2021年10月28日 13時28分
応用技術---大幅に続伸、12月末に1対2の株式分割、流動性向上などが..
2021年10月28日 09時52分
ブロメディア---大幅反発、上限30万株の自社株買い、22年3月期の営..
2021年10月28日 09時38分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン