壱番屋は続落、新型コロナ再拡大による影響響き22年2月期見通し下方修正

2021年09月28日 10時39分

 壱番屋<7630.T>は続落。27日の取引終了後、22年2月期業績予想の下方修正を発表。売上高を489億円から454億円(前期比2.6%増)へ、営業利益を39億7000万円から27億9000万円(同9.0%増)へ引き下げており、これが嫌気されているようだ。

 感染再拡大に伴う緊急事態宣言の延長や再発令により、店舗営業時間の短縮要請が長期化したことが響いた。また、海外においても感染拡大に伴う店舗営業の制限があり、既存店売上が想定を下回る結果となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
壱番屋、新型コロナ再拡大による影響響き22年2月期見通し下方修正
大分銀が反発、9月中間業績予想を上方修正
<個人投資家の予想> 09月28日 10時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
週間ランキング【値上がり率】 (10月15日)
2021年10月16日 08時30分
週間ランキング【値下がり率】 (10月15日)
2021年10月16日 08時30分
週間ランキング【約定回数 増加率】 (10月15日)
2021年10月16日 08時30分
はせがわの9月中間期業績は計画上振れで着地
2021年10月15日 17時56分
CSランバーが上期業績及び配当予想を上方修正
2021年10月15日 17時36分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン