オークワが続伸、内食需要高まりの継続で8月中間期営業利益は計画上振れ

2021年09月30日 09時13分

 オークワ<8217.T>は続伸している。29日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(2月21日~8月20日)連結業績について、営業利益が15億5000万円から24億7000万円(前年同期比41.4%減)へ、純利益が9億円から14億4000万円(同39.6%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 売上高は1330億円(同5.1%減)の従来予想を据え置いた。ただ、新型コロナウイルス感染症の影響による内食需要の高まりが継続し、感染予防対策の一環でチラシの自粛などを含めて販管費が抑制されたことが利益を押し上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オークワの8月中間営業利益は計画上振れで着地
MRTがカイ気配スタート、日本郵便と実証実験に向けた基本合意書締結
BASEは急反発、「TikTok」との提携がサプライズに


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 個別・材料」 のニュース一覧
日東工が4日ぶり反発、来年7月からキャビネットなどの販売価格を値上げへ
2021年11月30日 10時33分
PBシステムが急反騰、メタバース推進部を設置へ
2021年11月30日 10時30分
ライトアップが一時17%高、「JSaaS」がドコモの「ビジネスdXスト..
2021年11月30日 10時19分
ミマキエンジが大幅高、72万株の自社株をToSTNeT-3で取得
2021年11月30日 10時15分
ボードルアの初値は2750円、公開価格を38%上回る
2021年11月30日 10時10分
もっと見る
News
現在の東証市場
前場
現在のトレダビ市場
後場
タイムライン