前場に注目すべき3つのポイント~岸田政権による政策を睨んだテーマ性のある銘柄に~

2021年10月01日 08時41分

1日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:岸田政権による政策を睨んだテーマ性のある銘柄に
■ニトリHD、 2Q営業利益 3.8%減 775億円
■前場の注目材料:アマダ、小型ファイバーレーザー加工機投入、省エネ・少量生産用


■岸田政権による政策を睨んだテーマ性のある銘柄に

1日の日本株市場は、売り先行後はこう着ながらも、底堅さが意識される相場展開になりそうだ。9月30日の米国市場はNYダウが546ドル安だった。週次失業保険申件数が予想外に増加したほか、与野党が債務上限の引き上げで合意できず、政府機関閉鎖に陥る可能性が警戒された。下院公聴会においてイエレン財務長官やパウエルFRB議長は、債務上限が引き上げられなければ深刻な事態をもたらすと再度警告したため投資家心理がさらに悪化。その後、上下院が暫定予算案を可決し政府機関の一部閉鎖が回避されたが、月末・四半期要因で一段安となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比375円安の29305円。円相場は1ドル111円30銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売り先行の展開となろう。これにより、日経平均は足元で踏ん張りを見せている25日線水準を下放れてくることになるため、センチメントを悪化させそうである。ただし、米国の下落については月末・四半期要因が大きかったと見られ、この需給要因が通過することにより、落ち着きを見せてくることが見込まれる。一時的とはいえ政府機関の一部閉鎖が回避されたことから、グローベックスの米株先物の動向を見極めたいところである。

また、日経平均についても昨日は指数構成銘柄の定期入れ替えに伴うリバランスの影響や月末のポジション調整に伴う需給要因があったと見られる。本日は月初の資金流入のほか、配当再投資に伴う需給などが下支えとなり、売り一巡後は底堅さが意識されやすいと考えられる。また、自民党総裁選で岸田氏が次期総裁に選出され、いったんは総裁選を想定した思惑的な売買に伴うリバランスは意識されるものの、11月に行われる衆院選への思惑から、押し目買い意欲は強いと考えられる。

海外勢についても8月半ば以降に買い戻しを強めたものの、買い一巡後はポジション調整にとどまっている。基本的にはニュートラルに近い状況と考えられるため、調整局面では買いの動きを見せてくることが期待される。米国や中国が不安定な状況のなか、政策期待が高まる日本株への資金シフトに対する思惑なども高まりやすいだろう。物色の流れとしては、岸田政権による政策を睨んだテーマ性のある銘柄に向かいやすいと考えられる。


■ニトリHD、 2Q営業利益 3.8%減 775億円

ニトリHD<9843>が発表した第2四半期決算は、売上高が前年同期比14.4%増の4145.63億円、営業利益は同3.8%減の775.15億円だった。コンセンサス(712億円程度)を上回ったものの、通期据え置きで中立。家具・インテリア業界においては、業種業態の垣根を越えた販売競争の激化や人手不足による人件費の高騰および物流コストの上昇が影響した。


■前場の注目材料

・米原油先物は上昇(75.03、+0.20)
・米長期金利は低下
・岸田次期内閣による大型経済対策への期待
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・アマダ<6113>小型ファイバーレーザー加工機投入、省エネ・少量生産用
・三菱ケミHD<4188>アルミナ繊維事業を売却、米投資ファンドに850億円
・SUMCO<3436>2287億円投資、300mmウエハー増産
・東京ガス<9531>東京ガスなど3社、エフビットに横須賀パワー売却
・シャープ<6753>「モスアイ技術」でコロナ不活化確認、シャープ・奈良医科大が実証
・三井化学<4183>韓SKCとポリウレタン原料の合弁解消
・NTT<9432>再生エネの発電量9倍に、30年に38億kW時
・ホンダ<7267>eVTOL開発、30年代めど事業化
・日産自<7201>米州でEV拡販
・日立<6501>日立など、インホイールモーター開発、エネルギーロス30%低減
・トヨタ<7203>ブラジル工場の24時間稼働前倒し
・日立建機<6305>米ファンドに出資、DXを加速
・NESIC<1973>AIで陸上養殖効率化
・パナソニック<6752>クラウド顔認証でシリンダー鍵管理
・三菱ケミHD<4188>食品関連の市場・技術開発拠点、上海に開設
・東京製綱<5981>新中計を策定、23年度売上高650億円


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 8月有効求人倍率(予想:1.14倍、7月:1.15倍)
・08:30 8月失業率(予想:2.9%、7月:2.8%)
・08:50 9月調査日銀短観・大企業製造業DI(予想:+13、6月:+14)
・08:50 9月調査日銀短観・大企業非製造業DI(予想:0、6月:+1)
・08:50 9月調査日銀短観・大企業全産業設備投資:前年度比%(予想:+9.3%、6月:+9.6%)
・08:50 日銀金融政策決定会合における主な意見(9月21-22日開催分)

<海外>
・休場:中国(国慶節、7日まで)、香港(国慶節)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 市況・概況」 のニュース一覧
12月7日のNY為替概況
2021年12月08日 05時20分
NY外為:ドル・円もみ合い、米3年債入札低調で利回りは上昇
2021年12月08日 03時53分
NY外為:加ドル買い優勢、加10月貿易黒字が予想以上に拡大&原油高
2021年12月08日 02時34分
NY外為:ユーロ戻り鈍い
2021年12月08日 02時10分
NY外為:ドル・円一目均衡表の雲突破、基準線114.02円がレジスタン..
2021年12月08日 00時54分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン