マザーズ指数は大幅反落、日経平均同様に主力処は全般軟調

2021年10月04日 16時01分

 本日のマザーズ指数は大幅反落となった。日経平均同様に上昇して始まったマザーズ指数だったが、寄り付きをきょうの高値に上げ幅を縮小。マイナスに転じると、その後下げ幅をずるずると広げる展開に。後場には若干戻す場面もあったが、結局戻りは限定的で弱含んで取引を終えた。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1471.09億円。騰落数は、値上がり63銘柄、値下がり321銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のセーフィー<4375>がマザーズ売買代金トップにランクイン。換金売りをこなしながらの推移となるなか、後場に一気に強含んだ。また、同じく直近IPOのプロジェクトカンパニー<9246>も4%高と上昇。アドベンチャー<6030>など旅行関連の他、TKP<3479>などアフターコロナ関連の一角に物色散見。その他、GMO−FG<4051>、識学<7049>、ビジョナル<4194>が買われた。一方、アスタリスク<6522>やアイドマ・ホールディングス<7373>が急落するなど、直近IPO銘柄は全体として高安まちまち。また、GNI<2160>、アンジェス<4563>、セルソース<4880>などバイオ株の下げも目立った。なお、ステラファーマ<4888>も一時10%超安の急落となったが、急速に下げ幅を縮め、長い下ヒゲ形成に。その他、メルカリ<4385>、Pアンチエイジ<4934>、ENECHANGE<4169>、BASE<4477>、Enjin<7370>、JMDC<4483>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は7日続落、金融引き締めに対する警戒感が大きい、値下がり率..
2021年12月02日 16時41分
マザーズ指数は6日続落、自律反発狙いの買い集まるも終日マイナス圏での推..
2021年12月01日 16時47分
マザーズ指数は5日続落、オミクロン株への警戒強まり下げ加速、値下がり率..
2021年11月30日 16時51分
マザーズ指数は大幅に4日続落、後場に一段安の展開に
2021年11月29日 16時42分
マザーズ指数は3日続落、リスク回避の売り優勢、成長期待株に買いも
2021年11月26日 16時33分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
終了
タイムライン
  • awhfeさんがコロプラの銘柄についてコメントしました。
    . (約2時間前)
  • つかへさんがアミタHDの銘柄についてコメントしました。
    上がれ (約6時間前)
  • ピヨコさんが日本酸素の銘柄についてコメントしました。
    よい (約6時間前)
  • D.S.さんがJ Tの銘柄についてコメントしました。
    ??? (約7時間前)
  • トレーダZさんがアンジェスの銘柄についてコメントしました。
    下げれば買う逆張り (約7時間前)
  • もっと見る