マザーズ指数は3日続伸、主力処は全般堅調、最終的に高値引けの展開に

2021年10月11日 15時43分

 本日のマザーズ指数は3日続伸となった。前週末終値水準から始まったマザーズ指数は、寄り付き直後に急落。ただ、1087.27ptをきょうの安値に踏ん張りを見せ、切り返すと前場半ば頃にはプラス圏を回復。その後ももみ合いながら堅調推移が続いた。後場寄り付き後にはやや弱含む場面もあったものの、結局は再び騰勢を取り戻し、最終的にはきょうの高値で取引を終える展開に。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1058.99億円。騰落数は、値上がり278銘柄、値下がり89銘柄、変わらず21銘柄となった。
 個別では、プロジェクトカンパニー<9246>がマザーズ売買代金トップにランクイン。直近IPO銘柄ではプロジェクトカンパニーの他、アスタリスク<6522>、セーフィー
<4375>、ジェイフロンティア<2934>、ペルセウス<4882>、Appier<4180>などに資金が向かった。また、本日13時から予定されていたYouTube Live配信への思惑から短期資金の関心が集まったと見られるインテM<7072>も急伸。その他、メルカリ<4385>、ビジョナル<4194>、HENNGE<4475>、フリー<4478>、グローバルウェイ<3936>、ウェルスナビ<7342>などが買われた。一方、ENECHANGE<4169>、フーバーブレイン<3927>、GMOフィナンシャルゲート<4051>、メドレー<4480>、アドベンチャー<6030>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「マザーズ市況」 のニュース一覧
マザーズ指数は大幅反発、投資家心理が改善、直近IPO銘柄などに物色
2021年12月07日 16時51分
マザーズ指数は反落、主力処は軒並み大幅安で節目の1000pt割れが接近
2021年12月06日 15時56分
マザーズ指数は大幅反発、押し目買い優勢も自律反発の域を出ず、値上がり率..
2021年12月03日 16時24分
マザーズ指数は7日続落、金融引き締めに対する警戒感が大きい、値下がり率..
2021年12月02日 16時41分
マザーズ指数は6日続落、自律反発狙いの買い集まるも終日マイナス圏での推..
2021年12月01日 16時47分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン