日経平均は大幅続伸、500円超高で29000円台回復、ハイテク上げ目立つ

2021年10月15日 15時57分

日経平均は大幅続伸。14日の米国市場でNYダウは5日ぶりに大幅反発し、534ドル高となった。失業保険申請件数や卸売物価指数(PPI)上昇率が市場予想を下回り、主要企業の堅調な決算も好感された。ハイテク株は長期金利の低下で買われ、台湾積体電路製造(TSMC)の好決算を受けて半導体関連株の上昇が目立った。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで236円高からスタートすると、寄り付き後もアジア株高などを追い風に上げ幅を拡大。引けにかけて一時29082.35円(前日比531.42円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前日比517.70円高の29068.63円となった。終値で29000円台に乗せるのは9月30日以来。東証1部の売買高は11億4320万株、売買代金は2兆8420億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、機械、海運業、電気機器、金属製品、証券が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の91%、対して値下がり銘柄は7%となった。

個別では、レーザーテック<6920>が9%超の上昇となるなど、値がさハイテク株の上げが目立った。郵船<9101>、東エレク<8035>、ソニーG<6758>、川崎船<9107>、キーエンス<6861>も堅調。決算発表銘柄ではクリレスHD<3387>などが急伸し、PRTIMES<3922>や東京ベース<3415>は東証1部上昇率上位にランクイン。イオン<8267>による株式公開買付け(TOB)が発表されたキャンドゥ<2698>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、今期業績見通しが市場予想を下回ったファーストリテ<9983>、新型「ニンテンドースイッチ」の販売状況が伝わった任天堂<7974>は小幅ながら下落。高島屋<8233>は業績下方修正で売りがかさんだ。また、USENNEXT<9418>
やIDOM<7599>は堅調な決算ながら材料出尽くし感が広がったとみられ、東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「相場概況」 のニュース一覧
日経平均は大幅反落、コロナ変異株懸念、一時900円近い下落
2021年11月26日 15時53分
日経平均は反発、米ハイテク株高引き継ぐも後場こう着、売買3カ月ぶり低水..
2021年11月25日 15時58分
日経平均は3日ぶり大幅反落、早期金融引き締め懸念からグロース売り加速で..
2021年11月24日 16時01分
日経平均は小幅続伸、朝安後にプラス転換、東エレクやファストリ小高い
2021年11月22日 16時04分
日経平均は3日ぶり反発、半導体株がけん引役、東エレク上場来高値
2021年11月19日 16時04分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン