東京株式(前引け)=183円高、朝安後に切り返す

2021年10月22日 11時48分

 22日前引けの日経平均株価は前日比183円53銭高の2万8892円11銭。前場の東証1部の売買高概算は5億536万株、売買代金は1兆1673億円。値上がり銘柄数は1120、値下がり銘柄数は905、変わらずは150銘柄だった。

 日経平均株価は、寄り付きでは値を下げてスタートしたが、売り一巡後は下値に買いが流入しプラス圏に浮上した。一時160円を超す下落となったが、午前10時過ぎには200円を超す上昇となり2万9000円に迫る場面があった。ハイテク値がさ株に見直し買いが流入し、全体相場を押し上げた。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>が値を飛ばし、ソフトバンクグループ<9984.T>や任天堂<7974.T>も高い。トヨタ自動車<7203.T>やキーエンス<6861.T>も値を上げた。半面、日本郵政<6178.T>やZホールディングス<4689.T>、マネックスグループ<8698.T>が安い。サイバーエージェント<4751.T>やみずほフィナンシャルグループ<8411.T>も軟調だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日本郵政が商い伴い5日続落、売り出し価格決定期間入り控え神経質な展開
レーザーテックなど半導体製造装置関連が一斉高、米半導体主力株の上昇で安心感◇
ソフトバンクGは売り買い交錯、ウィーワーク株高の船出はプラス材料に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
明日の経済スケジュール ─ ★7-9月期GDP[改定値]に注目
2021年12月07日 20時05分
本日の【新規公開(IPO)】公開価格決定 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時40分
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時35分
本日の【自社株買い】銘柄 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時20分
本日の【増資・売り出し】銘柄 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 18時40分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン