東京株式(大引け)=96円高と反発、半導体関連株などが買われる

2021年10月22日 15時49分

 22日の東京株式市場で日経平均株価は反発。半導体関連株などが買われ全体相場は堅調に推移した。

 大引けの日経平均株価は前日比96円27銭高の2万8804円85銭。東証1部の売買高概算は10億5124万株。売買代金概算は2兆4303億円となった。値上がり銘柄数は933と全体の約43%、値下がり銘柄数は1122、変わらずは129銘柄だった。

 前日の米株式市場では、NYダウが6ドル安と小幅に3日ぶりに反落したが、S&P500種指数は最高値を更新するなど高安まちまちだった。これを受けた東京市場は、朝方値を下げスタートし一時160円を超す下落となった。ただ、下値には買いが入り、午前10時過ぎには200円を超す上昇となる場面があった。半導体関連などハイテク値がさ株が堅調だった。中国メディアが中国不動産大手、恒大集団は23日に期限を迎える米ドル建て債券の約8350万ドルの利払いを実行すると報じた、と伝わったことも好感された。後場に入ってからは積極的な買いは手控えられ、2万9000円を前に上値を押さえられた。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>、ディスコ<6146.T>といった半導体関連株が高く、ソフトバンクグループ<9984.T>やソニーグループ<6758.T>が値を上げた。SMC<6273.T>やコマツ<6301.T>が買われ、三井松島ホールディングス<1518.T>や新日本科学<2395.T>が急伸した。

 半面、ファーストリテイリング<9983.T>や任天堂<7974.T>が安く、川崎汽船<9107.T>は軟調。来週からの売り出し価格の決定期間入りを前にした日本郵政<6178.T>は下落。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>など銀行株が安い。マネックスグループ<8698.T>やサイバーエージェント<4751.T>も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・22日>(大引け)=シンフォニア、ジャフコGなど
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位に三井松島HD
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は上昇幅拡大


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
明日の経済スケジュール ─ ★7-9月期GDP[改定値]に注目
2021年12月07日 20時05分
本日の【新規公開(IPO)】公開価格決定 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時40分
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時35分
本日の【自社株買い】銘柄 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 19時20分
本日の【増資・売り出し】銘柄 (7日大引け後 発表分)
2021年12月07日 18時40分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン