日経レバが一時600円高、個人投資家の参戦活発で売買代金は全市場を通じて首位◇

2021年10月26日 10時31分

 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570.T>が一時600円高の1万6150円まで上昇、マドを開けて25日移動平均線の上に株価を浮上させてきた。日経レバは日経平均に連動する仕組みで組成されたETFで価格変動率は基本的に日経平均の2倍に設定されており、全体相場のボラティリティが高まる場面では、個人投資家を中心に商い活況となる傾向が強い。きょうは日経平均の急伸に合わせ上値追いが加速した。上場企業のなかで断トツの売買代金をこなしている日本郵政<6178.T>を更に上回る水準で、全市場を通じて売買代金トップとなっている。一方、これと対照的な動きを示すのがNEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>で、こちらは日経平均の値動きと逆方向に連動するETFで、価格変動率はマイナス2倍に基本設定されている。こちらはマドを開けての陰線で下値を試す展開となり一時3.5%安に売られた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日本郵政が7日ぶりに3%超の反発、売り出し価格決定受け買い戻し優勢に
外為サマリー:1ドル113円80銭台で推移、日経平均の上昇が支援材料
サムティが年初来高値を更新、大和証券を割当先とするCB発行で119億円を調達◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (8日大引け後 発表分)
2021年12月08日 19時35分
本日の【自社株買い】銘柄 (8日大引け後 発表分)
2021年12月08日 19時20分
【↑】日経平均 大引け| 大幅続伸、欧米株高を受けリスク選好の買い継続..
2021年12月08日 18時44分
8日香港・ハンセン指数=終値23996.87(+13.21)
2021年12月08日 17時36分
明日の株式相場に向けて=ワンデー・ダブルバガー銘柄出現
2021年12月08日 17時00分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン