東京株式(前引け)=続落、NYダウ安受けリスク回避の売り優勢

2021年10月28日 11時48分

 28日前引けの日経平均株価は前営業日比272円62銭安の2万8825円62銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は6億8131万株、売買代金概算は1兆5959億円。値上がり銘柄数は734、対して値下がり銘柄数は1330、変わらずは115銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウが反落したことを受けリスク回避の売りが優勢となり、日経平均は朝方から下値を探る展開となった。決算発表を受け個別銘柄も明暗を分けている。好決算でも事前に株価水準を切り上げていた銘柄などが一部売られる展開となったことが、投資家心理を冷やした。中国・上海株市場などアジア株が総じて軟調な値動きとなっていることも買い手控え要因となっている。

 個別ではファナック<6954.T>が大幅安、富士通<6702.T>も大きく値を下げた。ファーストリテイリング<9983.T>も軟調。大日本住友製薬<4506.T>が急落、ダブル・スコープ<6619.T>も大きく値を下げた。バリューコマース<2491.T>も安い。半面、東京エレクトロン<8035.T>、レーザーテック<6920.T>など半導体製造装置関連が高く、任天堂<7974.T>も堅調。日本航空電子工業<6807.T>、フューチャー<4722.T>が急騰、ホシデン<6804.T>も物色人気となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・28日>(前引け)=キョウデン、ブロメディア、航空電子
レーザーテックは逆行高、決算発表目前も売り一巡感から買い戻し優勢
ファナックが大幅安、22年3月期連結業績予想の下方修正を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「みんかぶニュース 市況・概況」 のニュース一覧
本日の【新規公開(IPO)】仮条件情報 (3日大引け後 発表分)
2021年12月03日 19時35分
本日の【自社株買い】銘柄 (3日大引け後 発表分)
2021年12月03日 19時20分
本日の【増資・売り出し】銘柄 (3日大引け後 発表分)
2021年12月03日 18時40分
来週の株式相場に向けて=不透明部分残るも「陰の極」形成なるか
2021年12月03日 17時46分
3日香港・ハンセン指数=終値23766.69(-22.24)
2021年12月03日 17時36分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン