ENEOSホールディングスを対象とするプット型が上昇率上位にランクイン(30日10:00時点のeワラント取引動向)

2022年06月30日 10時21分

新規買いは原資産の株価下落が目立つInpex<1605>プット204回 7月 1,150円を順張りで買う動きなどが見られる。

上昇率上位はENEOSホールディングス<5020>プット108回 7月 375円(+50.0%)、Inpexプット204回 7月 1,150円(+42.1%)、Inpexプット205回 7月 1,400円(+40.9%)、ニアピン米ドルr2 1345回 7月 129円(+38.1%)、ローム<6963>プット59回 7月 9,000円(+35.9%)などとなっている。

(カイカ証券)


<FA>

Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 経済総合」 のニュース一覧
国内外の注目経済指標:日本の4-6月期GDPはプラス成長に 
2022年08月13日 14時59分
(中国)上海総合指数は0.19%安でスタート、コロナ防疫措置の強化を懸..
2022年08月12日 10時59分
銀リンク債を対象とするプット型eワラントが前日比2倍の大幅上昇(12日..
2022年08月12日 10時27分
NYの視点:米9月FOMCでの75bp利上げ観測も根強い、FRBのイン..
2022年08月12日 07時37分
(中国)上海総合指数は0.42%高でスタート、米利上げペース加速懸念の..
2022年08月11日 11時09分
(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、インフレ率の落ち着きを好..
2022年08月10日 11時04分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン