日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は続落、東エレクが1銘柄で約49円分押し下げ_

2022年06月30日 12時52分

30日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり153銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は続落。243.55円安の26561.05円(出来高概算5億5440万株)で前場の取引を終えている。

29日の米株式市場ではNYダウが82.32ドル高と3日ぶり反発。個人消費の大幅な引き下げを要因に1-3月期国内総生産(GDP)の確定値が予想外に下方修正されたことで、序盤は景気後退懸念が強まった。ただ、欧州中央銀行(ECB)の年次フォーラムで連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が企業や家計の財務状況の強さを強調すると警戒感が後退。加えて、ドイツの6月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想外に鈍化し、米長期金利が低下したことも投資家心理を改善させた。ナスダック総合指数は-0.03%とほぼ横ばい。方向感に欠ける展開だった米株市場を引き継いで、日経平均は51.32円安と小甘くスタート。ただ、ダウ平均先物が軟調に推移するなか下げ幅を広げる動きが続き、前場後半には一時300円近く下落した。

個別では、米半導体大手AMDのレーティング格下げを背景にフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が-2.2%と大幅に下落したことを嫌気し、スクリン<7735>、アドバンテスト<6857>の半導体関連が大幅安。ソニーG<6758>、村田製<6981>、ファナック<6954>、ローム<6963>などのハイテク株も大きく下落。景気後退懸念から川崎汽船<9107>、商船三井<9104>の海運のほか、INPEX<1605>、石油資源開発<1662>、日本製鉄<5401>、信越化<4063>なども安い。外資証券によるレーティング格下げを受けてトレンド<4704>も売られた。

一方、ダブル・スコープ<6619>が大幅に続伸し年初来高値を更新。OLC<4661>、JR東<9020>、第一三共<4568>、パンパシHD<7532>などの内需・ディフェンシブ銘柄の一角が高い。主力処では東レ<3402>が大幅高で年初来高値を更新。子会社のアリババグループ会社とのマスターライセンス契約締結が好感されたサンリオ<8136>や、業績予想の上方修正と自社株買いが手掛かりとなったサニーサイド<2180>はそれぞれ急伸し、東証プライム市場値上がり率上位に並んだ。オイシックス・ラ・大地<3182>との業務提携が好感されたシダックス<4837>はストップ高買い気配で終えており、オイシックスも買われた。自社株買いを発表したDeNA<2432>が大きく上昇し、国内証券によるレーティング格上げを受けてPI<4290>が急伸している。

セクターでは鉱業、その他金融、石油・石炭が下落率上位となった一方、繊維製品、陸運、建設が上昇率上位となった。東証プライム市場の値下がり銘柄は全体の60%、対して値上がり銘柄は36%となっている。

値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約49円押し下げた。同2位はファナック<6954>となり、アドバンテ<6857>、ソニーG<6758>、ネクソン<3659>、信越化<4063>、TDK<6762>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップは第一三共<4568>となり1銘柄で日経平均を約4円押し上げた。同2位はキッコーマン<2801>となり、富士フイルム<4901>、テルモ<4543>、エムスリー<2413>、スズキ<7269>、ダイキン<6367>がつづいた。

*11:30現在


日経平均株価  26561.05(-243.55)

値上がり銘柄数  69(寄与度+35.25)
値下がり銘柄数 153(寄与度-278.80)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄       直近価格        前日比 寄与度
<4568> 第一三共       3441           44 +4.64
<2801> キッコマン      7220           80 +2.81
<4901> 富士フイルム     7352           66 +2.32
<4543> テルモ         4108           15 +2.11
<2413> エムスリー      3956           20 +1.69
<7269> スズキ         4308           44 +1.55
<6367> ダイキン工     21900           40 +1.41
<4507> 塩野義薬       6879           39 +1.37
<4578> 大塚HD       4839           34 +1.19
<8252> 丸井G         2396           33 +1.16
<4502> 武田薬         3830           31 +1.09
<4151> 協和キリン      3080           25 +0.88
<2802> 味の素         3352           24 +0.84
<1812> 鹿島          1575           42 +0.74
<2871> ニチレイ       2377           36 +0.63
<9022> JR東海       15815          175 +0.62
<9008> 京王          4880           85 +0.60
<1801> 大成建         4230           75 +0.53
<7733> オリンパス      2727          3.5 +0.49
<1721> コムシスHD     2590           14 +0.49

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄       直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク       44790         -1410 -49.55
<6954> ファナック     21245         -765 -26.88
<6857> アドバンテス     7290         -250 -17.57
<6758> ソニーG       11195         -290 -10.19
<3659> ネクソン       2799         -136 -9.56
<4063> 信越化        15360         -250 -8.79
<6762> TDK         4225          -65 -6.85
<7832> バンナムHD     9649         -170 -5.97
<6976> 太陽誘電       4665         -170 -5.97
<6981> 村田製         7469         -209 -5.88
<9984> ソフトバンクG   5298          -27 -5.69
<4503> アステラス薬     2121         -30.5 -5.36
<4704> トレンド       6750         -140 -4.92
<6988> 日東電         8780         -120 -4.22
<8697> JPX       1968.5         -119 -4.18
<7951> ヤマハ         5620         -110 -3.87
<9766> コナミHD      7570         -110 -3.87
<6971> 京セラ         7274          -53 -3.73
<7735> スクリーンHD   9170         -520 -3.65
<4519> 中外薬         3499          -29 -3.06

<CS>

Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

コメント
コメントするにはログインまたはユーザー登録が必要です。
コメントはまだありません。
カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧
SBSホールディングス---2Q増収、主力の物流事業が堅調に推移
2022年08月08日 17時09分
トーカイ---1Qは増収増益、1Q売上高として過去最高を更新
2022年08月08日 17時07分
日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は4日続伸、東エレクと第一..
2022年08月08日 16時14分
マザーズ先物の活用方法 vol.4~東証グロース市場注目企業の業績動向..
2022年08月08日 15時52分
マザーズ先物の活用方法 vol.3~東証グロース市場注目企業の業績動向..
2022年08月08日 15時48分
マザーズ先物の活用方法 vol.2~上半期の振り返りと下半期の見通し~
2022年08月08日 15時47分
もっと見る
News
現在の東証市場
終了
現在のトレダビ市場
前場
タイムライン