株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株式分割で株価が上がるとは限らない!値動きパターンをチャートから読み解く

株式分割とは、会社が1株を複数に分割することです。分割後は流動性が高まり、株価が大きく変動する可能性があります。このページでは、株式分割のメリット・デメリットと分割後の値動き、ポイントとなる基準日などについて解説します。

株式分割とは

株式分割とは、会社が発行済の株式を一定の割合で分割して、株式数を増やすことです。例えば、A社の株式を100株持っていて、A社が1株を2株に分割すると、持株数は200株と2倍になります。1株に対してもう1株が無償で割り当てられるのです。1株を2株、3株など整数倍だけでなく、1.2倍、1.5倍にするなど小数点を含む分割もあります。

ただし、1株を2株に分割しても会社そのものの価値は変わりませんので、結果的に1株あたりの価値(株価)も半分になります。ですので、持っている株式の資産価値は変わりません。

資産価値が変わらないのであれば、株式分割自体は株価にとっては中立の要因で、何ら気にすることはないように思えます。しかし実際には、しばしば、株価が大きく変動する要因になります。詳しく見てみましょう。

株式分割のメリット

株式分割には、おもに次のようなメリットがあります。

  1. 株価が下がり、少ない金額でも買いやすくなる
  2. 市場参加者の増加が期待でき、流動性が高まる

株式分割のメリットは、何といっても1.です。例えば、先ほどのA社株が13,000円、売買単位が100株とすると、A社株を買うのに最低必要な資金は

・分割前 13,000円×100株=1,300,000円

・分割後  6,500円×100株= 650,000円(1株を2株に分割したので、株価も半分になる)

と、分割後は半分になります。個人投資家にとって、必要な投資資金が少なくてすむのは助かりますね。

また、NISA制度(少額投資非課税制度)は、年間の投資金額の上限が120万円ですので、分割前はNISAでA社株を買えませんでしたが、分割後は買えるようになります。

2.も重要です。分割して少ない金額で買えるようになると、取引がしやすくなるので市場参加者の増加が期待できます。キャピタルゲイン(売買益)狙い、配当狙い、ヘッジ、裁定取引、投機などさまざまな目的を持った投資家が集まりやすくなり、売買高が増えて値段がつきやすくなるなど、流動性が高まります。この流動性という概念は上場会社にとっては非常に重要です。例えば東証1部、2部では上場審査基準にも上場廃止基準にも、株主数、流通株式数、流通株式時価総額など流動性を判断する項目が定められています。

なお、株式分割に伴い個人投資家が手続きを行う必要はありません。

株式分割のデメリット・注意点

個人投資家にとっては、株式分割のデメリットは特にないといえますが、株式分割があったことを知らずに株価チャートを見て、「株価が急落した」と勘違いしないように注意しましょう。しかし最近では、証券会社のホームページや新聞に掲載されている個別銘柄のチャートは、ほとんどが分割を反映して修正されたチャートが使われるようになってきました。また、メリット欄で挙げた流動性の増加により、分割後は株価変動が大きくなる可能性があることにも注意しましょう。なお、最近ではほとんど見られませんが、短期間に株式分割を繰り返す会社には注意が必要です。

株式分割発表後に株価が上がる理由

見てきたように、株式分割にはいろいろなメリットがあるため、株式分割を発表した銘柄は、その後株価が上昇することがよくあります。

シーアールイーの例

2016年に株式分割を行った銘柄のなかで、シーアールイー(3458)の例を見てみましょう。

シーアールイーは2016年9月12日に、1株を2株にする株式分割(同年10月31日基準日とする)を発表しました。発表日翌日の9月13日には出来高が急増し株価も上昇。9月12日の2,722円から10月3日には3,690円と、1ヵ月満たないうちに約35%も上昇しました。シーアールイーは9月12日に同時に決算発表も行っていますが、すでに6月29日に上方修正と増配修正をしており、9月12日の発表もほぼそれに近い内容だったため、市場は株式分割のほうを好感したものと思われます。

実質増配期待が株価を押し上げる

株式分割発表後に株価が上がるのは、株価が下がって買いやすくなることや流動性が高まることももちろんありますが、それ以外に「(実質的な)増配期待が高まる」ことも挙げられます。

例えば、先ほどのA社の配当金が、1株あたり500円であるとします。通常、株式分割があると配当金も同じ割合で分割されるため、A社の場合は1株あたり250円となり、投資家が受け取る配当金の総額は変わりません。ところが、業績が好調な会社では、この配当金の分割を行わず、配当金を据え置く場合があるのです。もしA社が株式分割に伴って配当金を1株500円のままで据え置いたとすると、投資家が受け取る配当金の総額は2倍となり、「実質増配」になります。株式分割時にはこの「実質増配期待」が生まれることがあり、株価の上昇要因につながります。これは、配当金のみならず株主優待についても同じことがいえます。

株式分割で必ず株価が上がるとは限らない

では、株式分割を発表すると株価は必ず上がるかというと、そうとも言い切れません。下の表は、2016年上期の株式分割銘柄(効力発生日が4月1日~9月30日にある銘柄)について、株式分割発表日の終値と権利付最終日(株式分割の権利を得ることができる最終取引日)の終値を比較したものです。

株式分割発表以降権利付最終日まで、全62銘柄のうち約3分の2の41銘柄が上昇していますが、上昇率が10%を超えたのは24銘柄にとどまります。また、値下がりも約3割の19銘柄あります。以前は、「株式分割=株価上昇」というイメージがありましたが、今はそうとも言い切れません。

また、株式分割と同時に決算や業績見通し修正が発表されることも多いため、株価変動のうち株式分割そのものによる影響はどれくらいか、しっかり見極めることも重要です。

ハンズマンの例

2016年に株式分割を行った銘柄のなかで、今度はハンズマン(7636)の例を見てみましょう。

ハンズマンは2016年5月30日に、同年6月30日を基準日とする1株を2株にする株式分割を発表しました。発表日翌日の5月31日には出来高が急増し株価も上昇。5月30日の5,270円から5営業日後の6月6日には6,280円まで上昇しましたが、その後は大幅下落に転じています。このように、分割発表後数日だけ上昇し、その後下落に転じるパターンも多いです。

基準日に注意しよう

株式分割が発表されたら、基準日を確認しましょう。基準日とは、新しい株券を割り当てる株主を確定する日です。基準日は権利確定日と読み替えてもよいです。株式分割を受けるためには、この基準日時点で株式を持っている必要があるため、権利付最終日までに売買を行う必要があります。これらはいずれも、配当金や株主優待など決算銘柄の権利確定と同じスケジュールです。権利付最終日の翌営業日が権利落ち日で、この日から分割後の新しい株式の売却が可能になります。この最終日は特に、株価の値動きが激しくなる傾向がありますので、注意が必要です。

なお以前は、基準日から効力発生日(新しい株券が株主の手元に届く日)まで株券が品薄になり、株価の値動きが一時的に激しくなるケースがたびたび見られました。しかし、株式分割の効力発生日は、現在では基準日の翌日となっており、この問題は解消されています。

信用取引していた株が分割する場合はどうするか

信用取引をしていた株式が分割する場合は、信用の売り方、買い方双方に不公平が生じないよう、次のどちらかの方法によって調整されます。

分割比率が整数倍(1:2、1:3など)の場合

株式分割の比率に応じて、建玉の買い付け枚数または売り付け枚数の数量を増加させ、買値または売値(約定値段)を減額します。建単価は分割比率に応じて計算されますが、建玉の合計金額(建株数×建単価)は変わりません。

分割比率が整数倍以外(1:1.2、1:1.5など)の場合

株数に変化はなく、当初の建単価から権利処理価格(証券金融会社の権利入札で決定されます)を差し引く単価の調整のみが行われます。

いずれの場合も、証券会社で処理をしてくれますので、個人投資家が自分で手続きを行う必要はありません。

株式分割に敏感になろう

株式分割は新興市場に上場する比較的新しい企業が行うイメージがありますが、2016年に、3月31日を基準日とする1:5の株式分割を行った小野薬品工業(4528)のように、東証1部に上場する大企業が行うこともあります。また、株式分割を行う企業は意外と多く、例えば2016年では、株式分割を行った企業は、予定分も含め130社以上にのぼります。株式分割は株価を変動させる要因の一つになりますので、証券会社のホームページで株式分割の予定銘柄リストをチェックするなどして、株式分割に敏感になりましょう。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!