株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
50万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

第6回「指値注文か成り行き注文か」

前回、2万円の株価を1単元買う場合には2万円プラス手数料分の入金があれば買うことができると書きましたが、これはあくまでも指値で注文をする場合。指値とはあらかじめ自分で決めた金額で買うという条件を指定することです。同じ銘柄が2万1000円の株価を付けているときには、2万円の指値注文を出しても約定(売買成立)しません。2万円で売却する投資家がいて始めて約定します。

また、株価にはその水準に応じて1日の値幅が決まっています。値幅制限いっぱいまで買われることをストップ高、値幅制限いっぱいまで売られることをストップ安と呼び、その日の値幅の最大値となります。市場によってこの値幅制限は値幅が異なるので、値幅制限などをキーワードにネットで検索すると株価帯別の値幅制限がわかります。

例えば東証で2万円以上3万円未満の株価の値幅制限は上下5000円です。2万円の株価のストップ高は2万5000円、ストップ安は1万5000円ということになります。例えば株価が2万1000円で推移しているとき、先ほどの2万円の指値注文であれば、2万円プラス手数料が入金されていれば発注が可能でしたが、成り行き注文では発注ができないことがあります。それは、成り行き注文の性格上、2万円でも2万1000円でも、2万5000円でも市場の株価動向に合わせて注文を出すということになるからです。

その日1日だけの注文であれば、最大2万5000円のストップ高水準まで買う意思が発注した内容には含まれることになります。株価が2万1000円のとき成り行き注文を出そうとしたら、その直前に買い注文がたくさん入って買い気配になるかもしれません。
その場合には、売り株数と買い株数が等しくなるまで株価は気配で値段を上げていき、最終的にはストップ高で売り物がまとまって出てくればストップ高水準で売買が約定(成立)することになります。指値の2万円では約定しませんが、成り行きであれば、株価は上昇しても約定が優先されます。

指値注文と成り行き注文は状況に応じた利用がされやすく、株価の変動が大きい場合などに利用されることが多く、株価が急騰していく過程では現在の値段で指値を入れても、発注を終えるころにはすでに株価はずいぶんと値上がりしていることになり、約定のタイミングが合わせにくくなり、買い注文を約定させることは困難になります。反対に値動きが乏しい銘柄の場合には、成り行き注文を入れると、自分の注文で株価を押し上げてしまう懸念が生じます。

売りたい投資家が少なく、買いたい投資家も少ないとき、買い注文と売り注文の株価に大きな開きが生じているようなことがあります。例えば2万円の買い注文に対して売り注文が2万2000円というような場合です。成り行き注文を出すと2000円も高く買ってしまうことになり、売り注文でも安い値段で売却されてしまうことになります。指値注文と成り行き注文では指値注文の方が取引手数料がやや高いネット証券もありますが、株式投資の基本はできるだけ安く買うことが利益につながることを考慮すれば、指値注文で少しでも安く買うことが重要です。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!