株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

第3回「なぜ株を売買するのか」(1) ~ 売買の発生

売買の発生

株式会社は株式を発行し、それを投資家に買ってもらうことで資金を調達します。株式を購入した人はその会社の株主になり、会社の利益を配当して貰えるなど株主としての権利を得ます。

現在の日本では、配当利回りが5%あればかなりの高配当であると言えます。配当利回りが5%の銘柄に10,000円投資した場合、1年で500円貰えます。これを20年間持ち続ければ、資産が倍になる計算になりますね。

国内で預金する場合の金利は、いくら高くても1%を超えません。高配当の株を持ち続けることは、預金するよりずっと良い資産運用方法です。

しかし、購入した株を持ち続けたい人ばかりではありません。例えば、
・急に現金が必要になり、株を売って現金化したい
・会社の業績不振で配当が貰えそうに無いため、他の会社に投資したい
など、さまざまな理由で、株式を売りたいという人が現れます。

これに対して買いたいという人が現れることで、株式の売買が発生します。もちろんこの逆で、株を買いたいという人に対し、売りたいという人が現れる場合もあります。売り手と買い手、両方がいなければ売買は成立しません。

さて、株を売買する際の値段は一定でしょうか?ご存知の通り価格は常に変わっていますね。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!