株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

第三者割当増資の特徴

用語:第三者割当増資 読み方:だいさんしゃわりあてぞうし

第三者割当増資は、売却企業が特定の第三者である買収企業に新株を発行して、資金の調達を行うものです。第三者とは多くの場合、取引先の企業や役員の派遣を行っているなど、以前から縁のある企業が相手先になることが多いです。
株券を発行しそれを買収企業に割り当てて、その見返りとして資金を受け取ります。資本金が増加することにより、会社の財務基盤が強化されます。第三者割当増資は、未上場の会社が資金調達をするための手段として行うことが多く、上場企業では新株の発行による資金調達の場合には、公募増資が一般的な手段です。
新株を発行することにより、株式の希薄化が起こったり、第三者の企業の意向により発行した株式が流出する可能性もあります。よって経済的な不利益を被らないために、発行手続きは既存株主に配慮した形で行われます。
売却企業からすると、手続きが簡単で早いことや、信用力の高い企業から出資を受けることで、信用力が増し、資金調達や事業展開がしやすくなるというメリットがあります。