株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株式移管の目的

用語:移管 読み方:いかん

株式移管とは、他の証券会社に預けている上場株式を別の証券会社に移すことで、証券保管振替機構を通じて移管先の証券会社の口座を開設した後に振り替えることで移管手続きが完了します。
このことの目的として、インターネット証券の存在が大きく影響しています。
大抵の場合株式を振り替える先の証券会社の手数料の安さをメリットとして得るためにこれを行なうことが多いでしょう。
インターネット証券のメリットは従来、店舗型証券会社の手数料の10分の1程度で、数円単位の価格変動でも利益が得られることで、以前では証券外務員を介して電話注文をしていたことや株価情報をともに得ていたことなどから手数料が高く、ある程度の価格変動がなければ利益確定が出来ないということが必然的でしたが、数円単位の価格変動でも利益確定が出来ることが大きなメリットとなります。
従来から取引をする、ベテラントレーダーにとって保管振替で証券会社を変えることは、手数料のコストを大きく削減し、多くの取引を可能にしています。