株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

大納会についての説明

用語:大納会 読み方:だいのうかい

大納会とは、日本国内の証券取引所の年内最終営業日に開催される催事のことをいいます。
土曜・日曜が重ならない限り、12月30日です。以前は、当日は前場(午前中)しか取引が行われませんでしたが、現在では、後場(午後)も取引が行われます。テレビや新聞などのマスメディアで報道されるのは、主に東京証券取引所の様子です。東京証券取引所の大納会では、その年話題となったキーパーソンをゲストに迎え、立会終了の鐘を鳴らすことが恒例となっており、その様子はテレビなどの報道機関を通じて、広く国民に知られています。
相場環境からすれば、税金対策の換金売りなどをこなした後で、実質新年度相場入りしていることもあり、日経平均株価が比較的堅調な年が多いのも特徴といえます。ちなみに、日経平均の過去最高値は、いわゆるバブル経済真っ盛りの1989年の大納会の3万8957円です。
その後は正月休みとなり、新年は1月4日の大発会から名実ともに新年度相場入りしてスタートします。