株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

ストキャスティクスとは

用語:ストキャスティクス 読み方:すときゃすてぃくす

ストキャスティクスは、RSIに似ていて、買われ過ぎ、売られ過ぎに着目したテクニカル分析です。
例えば、100円の底値から上げ下げを交えながら10日間上昇したとして、その時に120円近くで推移していたとすれば、10日間という期間の20円という値幅の中で、その10日目の終値は20円という値幅の上限の近くで終わるわけです。こういった習性を利用したのがストキャスティクスです。
またこの分析では、%Kと%Dと呼ばれる2本の線が重要になります。
%Kとは、終値から期間中の最安値を引いた値を、期間中の最高値から期間中の最安値を引いた値を割合で表現したものです。%Dは、この%Kを移動平均化したものです。この%Dを使った売買シグナルとしては70%以上が買われ過ぎ、30%以下が売られ過ぎと考えます。特に80%以上、20%以下で%Dが反転するときは有効であるといわれています。また、価格と逆行もひとつの目安になります。