株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

クラウンジュエルとは

用語:クラウンジュエル 読み方:くらうんじゅえる

クラウンジュエルとは、企業が敵対買収を受けたときに取る対策の一つです。
敵対買収の対象となった企業が、自社で最も魅力的である部門や子会社、資産などを分社化したり、第三者に譲渡したりして企業の魅力を低下させることによって敵対買収の対象から逃れることをクラウンジュエルといいます。価値の高い資産や稼ぎの良い部門を子会社化、譲渡して相手の買収意欲を削ぐことが目的です。
敵対買収の対象となった企業をクラウン、つまり王冠に見立て、稼ぎがしらである部門や資産を分社化する様子を、王冠から宝石を外し王冠の価値を下げることに例えて、クラウンジュエルと呼ばれるようになりました。
企業の全部または一部であっても重要な事業部門の譲渡に関しては、株主総会の特別決議が必要ですが、重要な財産の処分に関しては、取締役会決議で可能とされています。しかし、買収防衛のために財産譲渡を行う場合は取締役が善管注意義務や忠実義務違反に問われる可能性があるので注意が必要です。