株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

インサイダー取引について解説

用語:インサイダー取引 読み方:いんさいだーとりひき

よく株についてのニュースなどでインサイダー取引という言葉を聞くと思われますがどのような内容なのかを説明していきたいと思います。

まず一般的に株を取引きをしている人は特定の銘柄に目を付けその銘柄の業績や材料を確認し買付を行うと思います。このインサイダー取引というのは事前にその銘柄(会社)が新製品を開発する、合併する、業績が上昇、新規プロジェクトがあるなどの材料を入手し大量に買い付ける事をいいます。
事前に入手した情報によって巨万の富を得るという流れになりますがたとえ利益を得なくてもこのインサイダー取引を行った場合は法律で厳しく罰せられる事になっています。

この行為は、一般の投資家との平等な立場が保てなくなりますので、市場の公平性、健全性が無くなりますので絶対に行ってはならない取引です。なお、違反行為にへ500万円以下の罰金もしくは懲役5年以下またはその両方というとても厳しい法律が定められています。