株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

逆ザヤが生じたときの意思決定

用語:逆ザヤ 読み方:ぎゃくざや

逆ザヤとは、投資目的で保有している株式銘柄の値動きが予想に反して下落したため、買い値より売り値が安くなり、損失を抱える状態を言います。
投資目的で株式を購入する場合、利益を獲得することを目的としますから、将来値上がりすると予想される銘柄を購入します。
例えば1株当たり1,000円の株式銘柄を100株購入し、1年後に1株1,500円に値上がりした時点で売却すれば、(1,500円ー1,000円)×100=50,000円の利益を獲得することが出来ます。
これに対し、1年後に1株800円に値下がりした時点で売却すると、(800円ー1,000円)×100=マイナス20,000円となり、2万円の損失が生じてしまいます。
このように逆ザヤが生じて、今売却すると損失が生じてしまう株式銘柄を保有し続けるか否かの意思決定が重要です。今後値上がりし逆ザヤが解消されると予想される場合は保有し続けるのが適切です。これに対し、今後さらに値下がりすると予想される場合は、損失を最小限に食い止めるため、今売却するのが適切です。