株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

外貨MMF

用語:外貨MMF 読み方:がいかMMG

外貨MMFとは、外貨建てのマネー・マネージメント・ファンドのことで、ユーロ建て、米ドル建て、オーストラリアドル建てなど、いくつかの種類があり、債券を中心に運用されています。
たとえば、証券会社で、日本円から外貨建てMMFを購入し、運用するとします。気をつけることは、為替の変動の影響を受けることや、運用会社によって、僅差ですが、運用実績に差があることが、挙げられます。利回りでみれば、ここ、20年以上、日本の金利は低く、外貨建ての利回りは、高い状態で来ています。
円高の時に、円から米ドル建てのMMFを購入すれば、米国の金利(日本より高い)のメリットと、円安になったところで売却(円に戻す)すれば、為替の差益も得られます。逆に、円安の時に購入し、円高で売却すれば、利回りが高くても、為替差益で、マイナスになることもあります。
外貨建てMMFは、短期的な満期はなく、いつでも購入でき、いつでも売却できます。
受け渡しは、株式と同じで、4日かかりますから、購入は4日後の入金、売却は、4日後の出金となります。