株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株式用語トンカチについて

用語:トンカチ 読み方:とんかち

株式用語におけるトンカチについて説明をいたします。初めて聞く方は日曜大工を思い浮かべてしまうこともあるでしょう。
ただここでおけるトンカチという言葉は、株式におけるチャートでの専門用語になります。チャートを見たことがある方は形を思い浮かべてください。チャート上で上影が実態よりも長くて、下影がないものをさします。
陰線、陽線の場合どちらでも、一度、株価を上げて高値をつけてから始値付近まで押し出されたらこの形になります。下影がないということは、つまりそのまま、行って帰ってきたということになります。
上げ途中でこれが出たのなら、その足の中に天井が出た可能性がありますし、陰線ならなおさらです。しかしながら下げ途中で出たのなら、強気で上げてから下げの余力で下げたのか、強気の可能性があり上げに転じる可能性があります。陽線ならその可能性はより高くなるのです、同じ足でも出る状況によって意味が変わりますので、気をつけましょう。