株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

日柄とは

用語:日柄 読み方:ひがら

一般的には大安や仏滅など、その日の吉兆を表すいわゆる「お日柄」ですが、株取引での「日柄」は何かの材料が出て、株価が上昇、下落を始めてからの日数を指します。

例えば、銘柄にとって何か悪材料が出たとします。当初は高値でつかんでしまった人の損切や、トレンドが変わったことによる利益確定の売りなど、銘柄を手放したい投資家が多く売り注文が厚く重なります。そのため株価が下落していく訳ですが、しばらくの間は前述のような注文が解消されず下降トレンドが続いていきます。この期間を指して「日柄」や「日柄調整している」と表現します。

この日柄が長くなってくると「そろそろ売り注文も落ち着いて上昇トレンドに切り替わる土壌が整ってきている」というように判断されることになります。