初心者から学べる日本最大のバーチャル投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!

\ アプリでどこでも楽しみたい方は!/
\ Webでじっくり楽しみたい方は!/

陰線で銘柄の気配がわかる

用語:陰線 読み方:いんせん

陰線は、株取引で利用するチャートの用語です。株取引をする場合には、特定の銘柄の情報をきちんと仕入れなくてはいけません。そのためには、チャートという株価の動向を記録しているグラフが必要になります。このチャートに記録されているローソク足を見ることで、特定の銘柄の売買の気配をうかがうことができるのです。
そして、陰線というのはチャートのこうした気配の中でも買い気配が弱い状態のことを言います。その日の株価の始値よりも、終わった株価である終値の方が安かった場合にローソク足は陰線を示します。つまり、売り気配が強い事を示しているのです。
また、ローソク足にはこの指標に加えてヒゲというものが存在します。ローソク足から上下に伸びている棒のことを指し、これがどちらに伸びているかによって売り気配の中でもより売りが強いのか、それとも弱いのかを知ることができます。
ローソク足の陽線と比較してこの指標は対を成す指標であるため、株取引では最も基本的な指標であると言えます。

トレダビ
デモトレードで練習したい方はこちら!
実際に取引を始めたい方はこちら!