株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株価純資産倍率とは

用語:株価純資産倍率 読み方:かぶかじゅんしさんばいりつ

株価純資産倍率は、一般的にPBR(プライス・ブックバリュー・レイティオ)という略称で呼ばれており、一株当たりの純資産に対して、株式市場で何倍まで買われているのかを示す指標です。本指標における純資産とは、会社のものである自己株式を除いた株主持ち分の資本を示します。
一株当たりの純資産は、現時点での発行済み株式数で割ることで算出できます。たとえば、純資産が100億円で、発行済み株式が1000万株の場合、一株当たりの純資産は1000円です。
株価が1500円なら、株価純資産倍率は1.5倍であり、3000円なら3倍ということになります。例えば1倍の場合は、投資金額と解散時の資産が同じということであり、理屈の上では絶対に損をしないことを意味します。
1倍を割り込むと、経営面に問題がある場合を除いて割安株と判断され、買いが膨らみ株価が戻ることが良くあります。
ただし、株価純資産倍率が高いからといって割高とは限りません。それだけ投資家達が、その会社の高成長に期待していることの表れでもあるためです。