初心者から学べる日本最大のバーチャル投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!

\ アプリでどこでも楽しみたい方は!/
\ Webでじっくり楽しみたい方は!/

戻り売りについての説明

用語:戻り売り 読み方:もどりうり

戻り売りとは株式相場において、下げ相場の中での一時的な上昇の中で売りポジションをとることです。株価の動きは大抵、細かく上下に動きながら上げたり下げたりしていくことになります。
それは、たとえば下げ相場の中で売りポジションを持ってる人が、一旦その売り建てを利益確定しておこうと買い戻し注文を出すことがあります。すると、それがさらなる買い注文を呼ぶこととなり相場は上昇に向かうことになるわけです。
そこで、まだ相場は弱いと見る人はここを売り時とみて売り増しをすることになります。これがいわゆる戻り売りというわけです。
一方で、ここが上げ相場への反転とみる人もいるわけですから、その売り注文に対して買い向かうことになります。買い意欲が強い場合にはここで下げることなく動きが止まることになります。それでも弱気でいる市場参加者は、ここが売り時とばかりにさらなる売り注文を出すことになります。やがて買い注文が途絶えてしまうと、さらなる下落へと向かうことになるわけです。

トレダビ
デモトレードで練習したい方はこちら!
実際に取引を始めたい方はこちら!