株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

価格帯別出来高について

用語:価格帯別出来高 読み方:かかくたいべつできだか

株式関連用語の解説をしたいと思います。皆さんは株式の取引において、チャートは活用しているでしょうか。チャートに強くなる一つの要素として価格帯別出来高という言葉があります。しっかり理解していきましょう。
この言葉の意味としては過去に売買が成立した株数を価格帯毎に集計したものをさします。一般的にどのように表されるかというと、株価チャートの右側にチャート表示されている期間内の出来高が棒グラフで表されています。
では、この価格帯別出来高はどのように活用していけば良いのでしょうか。ポイントとしては、株価の上げ止まり、下げ止まりとなる価格帯はどこなのかを見つけるのに使用します。出来高の多い価格帯は、過去に売買が多かったということを表しています。
出来高が多い価格帯というのは投資家達の心理的な抵抗ラインになりやすいため、株価の上昇や、下落が止まることが多いのです、価格帯別出来高だけでどこが買いなのかを図ることは危険ですが、一つの指標として知っておくと役立ちます。