株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

受渡日について

用語:受渡日 読み方:うけわたしび

株の売買においては、受渡日について注意しておく必要があります。
売買を行う日を「約定日」と言います。しかしながら、この日に株を買ってもまだ保有していませんし、売った場合は代金をまだ受け取っていません。
売買が行われた約定日から4営業日目に、買った場合は株を受け取り、売った場合は代金の現物を受け取ります。この現物を受け取る4営業日目のことを「受渡日」と言います。
土曜日と日曜日、そして祝日は休業日となるために、4営業日の中には含まれず、例えば木曜日に売買が行われたならば、現物を受け取る日は火曜日です。なお、売買の日は1日に換算されます。
受渡日が問題となるのは、配当金や株主優待を受け取る日です。その日までに株を保有していないと、株保有者とはならないために、受け取れません。
よって、配当金や株主優待を考えて株を取得しようとする場合は、その日を頭に入れ、さらに4営業日のことも頭に入れた上で、注文しましょう。