株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

ツイン指値の概要

用語:ツイン指値 読み方:ついんさしね

ツイン指値とは、利益を確定させるための指値による注文と、自動的に損失をカットする逆指値による注文を同時に行うことです。本注文方法は損失と利益の操作が容易になる利点を持つため、多くのトレーダーが活用しています。
たとえば、1000円で購入した株券が1500円まで上昇した時点で2000円に値上がりしたら売却する指値注文と、1300円に値下がりしたら売却する逆指値注文をしておくことで、相場がどのように動いても理論上最速で対応することが可能です。
片方の注文だけしか出していない場合は、予想と反した相場の動きに対応しきれず、無駄な損失拡大を招く恐れがあります。
殆どの証券会社が採用しているツイン指値の入力方法は、まず指値を注文した後に引き金として値下がり価格幅を設定する形で行います。つまり、最初の指値入力が何らかの原因(ストップ高などによる値幅制限)で不可能な場合は発注出来ないため要注意です。
尚、ツイン指値による注文の手数料は、実店舗型やネット型を問わず通常の株式売買手数料と同額です。