株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

四本値についての概要

用語:四本値 読み方:よんほんね

四本値とは株式用語で日中の株式の値動きにおける4つの値段を表しています。つまり、始値と高値、安値と終値です。チャートを描く際のローソク足を構成する値段となるわけです。
値動きを分析する上でこの四本値は大切な意味合いを持つことになるわけですが、たとえば始値より終値が高い陽線は強い相場を意味すると捉えられることになります。逆に陰線となった場合には弱気を意味し、さらにその陽線と陰線の組み合わせによっても様々な値動きの傾向を示すものとして色々な型がつくられることになります。
さらに、高値と終値が同じであったならばさらに強い相場を意味することになりますし、逆に終値が安値と同じであればかなりの弱気相場を意味することになるわけです。
このように、この四本値が構成するローソク足は様々な情報を持つものとなり、投資を行う上で参考にされることになります。そして何よりもそれが視覚的に分かりやすいという特徴を持つものとなります。