株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

薄商いについての説明

用語:薄商い 読み方:うすあきない

薄商いとは株式用語で売り買いの注文が少なく、株価もほとんど動きが無い状態のことを表すものとなります。相場の方向感がつかめずに市場参加者が売りと買いのどちらにつけば良いのかわからずに様子見をしている状況となることを意味します。
株価の動きの原因としては様々なものがありますが、高値圏でもなく安値圏でもない状態において、特に材料となるニュースもなく経済状態も特に変化がみられないような時には、このような薄商いとなる場合があります。
もちろん市場参加者は常に売買機会を伺っているわけですが、方向感が掴めない状態では手が出せないというわけです。
けれどもこのような状態の時に、何かしらの材料が発表されるとなると、相場は大きく動くことになるケースは多いものです。誰もがその波に乗ろうとするわけですから、多くの注文が集まることにつながるわけです。その場合、反対売買注文は出しにくいことから動きが一方的になるというわけです。