株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

内需関連株とは

用語:内需関連株 読み方:ないじゅかんれんかぶ

内需関連株とは、国内の需要の高まりで利益が上がる企業銘柄のことをいいます。国内で物やサービスを提供していて、国内の需要動向により業績が大きく影響を受けるような事業を営む上場企業が公開している株式をいいます。
読んで字のごとく内需とは、国内の需要だったり消費なので、内需拡大に大きく関わる業種自体、事業基盤が国内にある陸運、建設、不動産、通信、小売、銀行等となっています。景気回復策や円高等を材料に買われる傾向が強いです。
もともと国内資源の乏しい日本経済は、加工貿易で輸出産業中心に発展してきましたが、輸出産業は為替レートによる影響を非常に大きく受けて、円高の時には利益が減り、円安の時に利益が上がります。
円高となれば稼いだ利益が一夜にして消滅するリスクもあります。他方、輸出入に関係のない産業に関しては為替レートの影響を受けないという特徴があります。また輸入産業の場合には輸出産業とは逆のパターンになります。