株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

敵対的TOBで買収する

用語:敵対的TOB 読み方:てきたいてきTOB

敵対的TOBは、相手の会社を買収するための株式公開買い付けの事を言います。本来ならば、特定の会社を買収するためには相手の会社や株主の同意や賛成が必要になります。買収に協力的をしてもらうことによって、その会社の経営陣や株主と友好関係を築きながら新しい経営を行なっていくことができるからです。
しかし、敵対的TOBの場合はこうした経営陣やそれに関する関連会社や株主の同意を得ずに一方的に株式を購入する事を言うのです。
市場内外より株式を大量に購入することによってその会社の大株主となり、結果的に親会社となることによって強制的な買収を行うことができます。基本的に、株式の三分の一を超えて株式を取得する場合には、公開買い付けを義務付けられていることからこのような方法で買収をなすことも現実的に可能です。
株式を大量に保有することができれば、その会社の実質的な経営権を握ることができるため、既存の経営陣を強制的に解雇したり、経営方針を転換させることもできます。