株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株価キャッシュフロー倍率とは

用語:株価キャッシュフロー倍率 読み方:かぶかきゃっしゅふろーばいりつ

株価キャッシュフロー倍率とは、現在の株価を一株当たりのキャッシュフリーで割った株式指数のことです。一株当たりのキャッシュフローは、一株当たりの純利益と減価償却費を合算したものです。有名な株式指標のひとつである株価収益率(PER)を補完する目的で使われます。
たとえば、株価収益率が割高な数値を示しているにもかかわらず、株価キャッシュフロー倍率が割安な企業は、積極的に設備投資を行い事業拡大に意欲的であると判断出来ます。
本指標の数値は、株価収益率と共にネット証券会社のウェブサイト上のスクリーニング機能で検索出来ます。両者を比較することでその企業の経営戦略をある程度予測できるため、株式投資先を選定する際に有用です。
株価キャッシュフロー倍率は、国や地域によって異なる会計基準に左右されないキャッシュフローを利用した指標であるため、ワールドワイドな株式投資を行う際に有効です。そのため、顧客から集めた資金を世界的に分散投資し安全に運用したいファンドの多くが、本指標を重視しています。