株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

追加型投資信託の概要

用語:追加型投資信託 読み方:ついかがたとうししんたく

追加型投資信託とは、応募期間中及び運用開始後のいずれにおいても、制限無く購入出来る金融商品のことです。本投資信託は、募集期間中は業者が設定している金額で購入しますが、運用が始まった後は時価に相当する基準価額で購入することになります。
基準価額とは、多くの顧客から集めた財産の時価から、運用に必要な人件費などのコストを引いた投資1口あたりの純然たる資産額のことです。
追加型投資信託は、通常の投資信託に比べて換金性に優れており、投資家が何時でも売買を行えることからオープン型と呼称されることもあります。もう一つの特徴が、運用会社に信託する期間が最低でも10年に及び、期間が無制限な場合が多いことです。通常の投資信託よりも遥かに運用期間が長いため、管理に関するコストが軽減され、投資家にとって有利な利率が実現されます。
追加型投資信託は、決算時の配当金狙いの低リスクな投資や、キャピタルゲインを狙った投機的な売買が行えることが魅力であり、資産運用の初心者からベテランまで多くの層に支持されています。